共働きじゃないと贅沢できないと言われて考えたこと

先日、高校時代の友人に会った。

彼女も私も子育て中。
違うのは、彼女は共働きで、私は専業主婦という点。(正確には、私はフリーランスだけど、なかなか収入に繋がってない。)

 

4月に育休を明けて職場復帰した彼女。
忙しくて睡眠は5時間、子どもと触れ合う時間もとれないし、ご飯もスーパーのお惣菜ばかりになっちゃうけど、共働きじゃないと贅沢できないから仕事を続けると言っていた。

あなたの生き方は贅沢できなくて嫌、って遠回しに言われたような気になってしまった。

 

でも、私は自分で大きな収入は得られてはいないけど、それなりに幸せな日々をすごしているよ。

基本的に、毎日家族そろって夕ご飯を食べているし、(高価なもの、というよりも)体にいいものを選んで食べている。子どもが本が欲しいと言えば買ってあげられるし、親の睡眠時間も勉強時間もまあまあとれてる。
そして、なかなか収入につながらないフリーランスの仕事を、かれこれ4年も続けてる。すぐにお金にならないことを選んで挑戦できる環境って、これこそ贅沢だと思う。

 

”ただ好きなだけお金を使える状況=贅沢”と考えると、私の生活は贅沢なんてしてないように見えるのかもしれない。

でも、家族揃って夕ご飯を食べることと、残業して収入を増やすことを天秤にかけて、自分たちが幸せだと思う方を選択している。いろんなことを俯瞰して考えて、家族で天秤にかけて、どっちがいいか一緒に決める。
他の家庭とは違うところも多々あるかもしれないけど、家族の価値観が同じ方向を向いているという実感があるし、より幸せな選択をしているという人生の主人公感もある。

 

これ以上の贅沢があるだろうか。私はこんな価値観で自分の生き方を選択しているよ。

タイトルとURLをコピーしました